JR東日本209系2000・2100番台 車内デザイン

JR東日本209系2000・2100番台車内JR東日本

1993年に誕生した標準車体のルーツとなる車両、JR東日本209系電車のうち、2009年より千葉管内で運行開始した2000・2100番台の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR東日本209系2000・2100番台 車内(先頭車)
車内(先頭車)
JR東日本209系2000・2100番台 車内(中間車)
車内(中間車)
JR東日本209系2000・2100番台 座席(ロングシート部)、袖仕切り、スタンションポール
座席(ロングシート部)、袖仕切り、スタンションポール
JR東日本209系2000・2100番台 座席(セミクロスシート部)、ボックスシート、袖仕切り
座席(セミクロスシート部)、ボックスシート、袖仕切り
JR東日本209系2000・2100番台 優先席
優先席
JR東日本209系2000・2100番台 貫通路(登場時から設置されているもの)
貫通路(登場時から設置されているもの)
JR東日本209系2000・2100番台 貫通路(後年ドアを追加したもの)
貫通路(後年ドアを追加したもの)
JR東日本209系2000・2100番台 車いすスペース
車いすスペース
JR東日本209系2000・2100番台 身障者対応トイレ
身障者対応トイレ
JR東日本209系2000・2100番台 乗務員室背面
乗務員室背面
JR東日本209系2000・2100番台 客用ドア
客用ドア
JR東日本209系2000・2100番台 LED車内案内装置
LED車内案内装置
JR東日本209系2000・2100番台 吊革
吊革
JR東日本209系2000・2100番台 吊革(優先席)
吊革(優先席)
JR東日本209系2000・2100番台 荷棚
荷棚
JR東日本209系2000・2100番台 天井部
天井部
JR東日本209系2000・2100番台 防犯カメラ
防犯カメラ

概要

かつて京浜東北線の主力だった209系を改造のうえ、千葉へ移籍したのがこの区分です。車内外ともに最初期の209系らしさが色濃く残っている車両です。

車内は中間車についてはほぼ種車の雰囲気を残しており、グレートーンに青色のバケットシートが並びます。窓は開閉式へ改造されており、近年防犯カメラなども設置されましたが、硬い座り心地の片持ち式座席などは懐かしさがあります。また先頭車はセミクロスシート配置へ改造され、この部分は緑色系のモケットを採用。ボックス席部分にはドリンクテーブルも備わっています。トイレも設置され雰囲気が変わりました。

VVVFサウンドも変わり、千葉の主力として活躍中ですが、一部は廃車や伊豆急への譲渡などの動きが見られ始めました。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました