【過去の車両】JR西日本103系(R1編成)車内デザイン

JR西日本

一時代を築いた国鉄通勤型車両、103系のうち、和田岬線で活躍したR1編成の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR西日本103系(R1編成)車内デザイン
車内
JR西日本103系(R1編成)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
JR西日本103系(R1編成)優先座席
優先座席
JR西日本103系(R1編成)貫通路(妻窓付車両)
貫通路(妻窓付車両)
JR西日本103系(R1編成)貫通路(妻窓廃止車両)
貫通路(妻窓廃止車両)
JR西日本103系(R1編成)乗務員室背面
乗務員室背面
JR西日本103系(R1編成)客用ドア
客用ドア
JR西日本103系(R1編成)吊革
吊革
JR西日本103系(R1編成)荷棚
荷棚

概要

最後まで103系原形車で、和田岬線はこのR1編成が主として長く活躍していました。

全車両N40更新工事を実施しており窓枠は黒くなり、戸袋窓は廃止され、車内はアイボリー基調の明るい配色となっています。妻窓は存置されている車両と埋められた車両が混在しています。貫通路の扉は基本的に開放しているようですが撮影時は一部が閉じていました。また日中運用のない時間帯に訓練運転として使用するため、運転台後ろの窓が開くよう改造されています。

一切広告のない開放的な姿で、103系らしさを堪能できる最後の車両でしたが、惜しまれつつ2023年に引退しました。

関連項目

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
叡電800系(デオ810形)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました