西鉄6000形 車内デザイン

西鉄6000形車内 西鉄

1993年、5000形をベースに4ドアを初採用した通勤型車両、西鉄6000形電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

西鉄6000形 車内
車内
西鉄6000形 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
西鉄6000形 優先席
優先席
西鉄6000形 貫通路
貫通路
西鉄6000形 車いすスペース
車いすスペース
西鉄6000形 乗務員室背面、非常用はしご
乗務員室背面、非常用はしご
西鉄6000形 客用ドア
客用ドア
西鉄6000形 LED車内案内装置
LED車内案内装置
西鉄6000形 防犯カメラ
防犯カメラ
西鉄6000形 吊革
吊革
西鉄6000形 吊革(優先席)
吊革(優先席)
西鉄6000形 天井部
天井部

概要

ベースデザインは5000形を踏襲しつつ、時代に応じた装備と4ドアを採用した車両です。現在はすべての編成が一度更新工事を受けています。

更新時期による細かな差異はありますが、全体的には白を基調とした明るい内装に、鮮やかなピンク色系のモケットが展開します。モケットにはオレンジ色の着席区分柄が入っています。優先席は青色で、こちらにもピクトが織り込まれました。ドア上には更新とは別に後年LED案内装置が設置されています。また防犯カメラも近年設置されています。貫通路は西鉄らしい広幅・ドアなしで開放感があります。

非常にオーソドックスな通勤型らしいスタイルの同車は種別・路線を問わず広く使用されています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

愛知環状鉄道2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】大井川鐡道7200系
山陽3000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪8000系
関東鉄道キハ2300形 車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました