仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン

仙台空港鉄道SAT721系車内 仙台空港鉄道

仙台空港アクセス線が開通した2007年に運行開始したJR東日本E721系と同形態の車両、先代空港鉄道SAT721系電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

仙台空港鉄道SAT721系 車内
車内
仙台空港鉄道SAT721系 座席(セミクロスシート)、袖仕切り
座席(セミクロスシート)、袖仕切り
仙台空港鉄道SAT721系 優先席、スタンションポール
優先席、スタンションポール
仙台空港鉄道SAT721系 貫通路
貫通路
仙台空港鉄道SAT721系 身障者対応化粧室
身障者対応化粧室
仙台空港鉄道SAT721系 車いすスペース
車いすスペース
仙台空港鉄道SAT721系 大型荷物置き場
大型荷物置き場
仙台空港鉄道SAT721系 乗務員室背面
乗務員室背面
仙台空港鉄道SAT721系 客用ドア
客用ドア
仙台空港鉄道SAT721系 半自動ドアボタン
半自動ドアボタン
仙台空港鉄道SAT721系 LED車内案内装置
LED車内案内装置
仙台空港鉄道SAT721系 吊革
吊革
仙台空港鉄道SAT721系 吊革(優先席)
吊革(優先席)
仙台空港鉄道SAT721系 荷棚
荷棚

概要

仙台空港鉄道保有の車両です。JRのE721系500番台と構造面はほぼ同一ですが、外観デザインと車内のインテリアに相違があります。

基本構成はボックスシートを備えたセミクロスシート配置で、低床構造の車両のため天井が高く感じます。座席はJR車両との大きな違いとして、セミクロスシートの枕部分までモケットが張られています。モケットは優先席以外赤色系となっているのもJRとの違いです。また化粧板は薄い木目が全体的にあしらわれており、全体的に温かみのある雰囲気にまとまっています。ドアは半自動構造でボタンがあります。また、2両中1両にトイレの設備があり、反対の車両には空港利用者向けの荷物置き場が用意されました。

E721系500番台と共通運用に入っており、仙台駅と空港間の足として活躍しています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州813系2200番台(ロングシート改造車)
タイトルとURLをコピーしました