【座席モケット紹介】京成3600形

京成3600形座席モケット京成

座席モケット紹介

Photo Gallery

京成3600形 座席モケット
座席モケット
京成3600形 座席(全体像)
座席(全体像)

概要

令和4年現在も残る、京成最後の赤色系モケットです。

非常に深みのあるえんじ色の無地です。京成3700形まではこのモケットが採用されてきましたが、現在は3600形のみに残っています。座席袖は非常にシンプルなパイプ仕切り、化粧板はオレンジ色、床は緑色で、赤いモケットとともに昭和の通勤型らしさを色濃く醸し出しています。

ほとんどの3600形が廃車され、残り2本が普通列車で引き続き運用されています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました