名鉄4000系 車内デザイン

名鉄

名鉄瀬戸線の新型車両として2008年に登場したステンレス車両、4000系車両のデザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄4000系 車内
車内
名鉄4000系 座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
名鉄4000系 優先席
優先席
名鉄4000系 貫通路
貫通路
名鉄4000系 乗務員室背面
乗務員室背面
名鉄4000系 非常通報機
非常通報機
名鉄4000系 LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
名鉄4000系 吊革
吊革
名鉄4000系 荷棚
荷棚
名鉄4000系 運転台
運転台

概要

名鉄4000系は2008年に登場したステンレス車両で、もっぱら瀬戸線にのみ投入された車両です。

車内は3300形などと同様、グレー系に名鉄ではおなじみのあざやかなシートを採用していますが、座席形状はJR東日本などでみられるタイプのバケットシート化されているのが興味深い点です。ドアは内側ステンレス無塗装仕上げとなっています。ドア間には2本のスタンションポール、ドア上にはLCDディスプレイが設置されており近年のバリアフリー設備を一通り備えています。

本系列の導入で瀬戸線は一気に近代化が図られました。主力として日々活躍中です。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】小田急1000形(未更新車)
JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました