横浜市営地下鉄10000形(2次車)車内デザイン

横浜市営地下鉄10000形2次車車内横浜市営地下鉄

横浜市営地下鉄グリーンラインで活躍するリニアモーター地下鉄10000形のうち、2014年に増備された車両の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

横浜市営地下鉄10000形(2次車)
車内
横浜市営地下鉄10000形(2次車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
横浜市営地下鉄10000形(2次車)ゆずりあいシート
ゆずりあいシート
横浜市営地下鉄10000形(2次車)貫通路
貫通路
横浜市営地下鉄10000形(2次車)車いすスペース
車いすスペース
横浜市営地下鉄10000形(2次車)乗務員室背面
乗務員室背面
横浜市営地下鉄10000形(2次車)客用ドア
客用ドア
横浜市営地下鉄10000形(2次車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
横浜市営地下鉄10000形(2次車)吊革
吊革
横浜市営地下鉄10000形(2次車)吊革(ゆずりあいシート)
吊革(ゆずりあいシート)
横浜市営地下鉄10000形(2次車)荷棚
荷棚
横浜市営地下鉄10000形(2次車)天井部
天井部

概要

4両編成の小型リニアモーター地下鉄であるグリーンラインはコンパクトな車体が特徴ですが、輸送力増強のため2014年に2編成が増備されました。

増備車両では内外ともにいくらか変更点があります。車内は基本的な白ベースに青色の座席と緑のストライプ柄の床という構成を踏襲しつつ、車いすスペースへのヒーター設置やドア斜め上に設置された案内ディスプレイの大型ワイド液晶化、天井部へのにぎり棒の追加などが実施されています。LCDディスプレイなどは後に初期車も置き換えが進んでいます。袖仕切りや貫通路はガラス張りで狭さを極力感じさせない工夫がみられる車両です。

2022年からは6両編成も運転開始するグリーンライン。開業から10年以上が経過しましたが、街並みの発展と共に表情を変化させています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
流鉄5000形流星 車内デザイン
福岡市地下鉄3000系 車内デザイン
阪神5700系 車内デザイン
【座席モケット紹介】山陽5030系(優先座席)
タイトルとURLをコピーしました