阪急1000系 車内デザイン

阪急1000系車内車内

日立A-train車体で2013年から神戸・宝塚線向けに導入された阪急1000系電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

阪急1000系 車内
車内
阪急1000系 座席、袖仕切り、中仕切り
座席、袖仕切り、中仕切り
阪急1000系 優先座席
優先座席
阪急1000系 貫通路
貫通路
阪急1000系 車いすスペース
車いすスペース
阪急1000系 乗務員室背面
乗務員室背面
阪急1000系 客用ドア
客用ドア
阪急1000系 LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
阪急1000系 吊革
吊革
阪急1000系 荷棚
荷棚
阪急1000系 天井部
天井部

概要

遮音性や省エネなどの性能を大々的にアピールしながら久々に登場した新形式。9000系に比べると全体的にシンプルですっきりしたデザインが内外に見られます。

車内は引き続きマホガニーベースの阪急らしい内装ですが、天井周りは明るい白色で構成されており、間接照明をやめ明るくなりました。また、座席は袖仕切りが大型化され、ポールが設置されているのも大きな変化です。ドア上には横長の大きなLCDが設置されています。一方、客用ドア窓の下方拡大や貫通路の自動ドアは廃止されました。窓割はドア間3枚に戻りましたが、3連デザインを初採用しています。

当初の予定通りかなりの車両数が増備され、神宝線系統の主役に躍り出ました。旧型車両を淘汰し、阪急全体のサービス向上に寄与しています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました