【座席モケット紹介】西鉄6000形

西鉄6000形座席モケット 座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

西鉄6000形 座席モケット
座席モケット
西鉄6000形 座席(全体像)
座席(全体像)

概要

5000形の後継車両として誕生した車両で、4ドア構造を採用したのが特徴の車両です。6000形が抵抗制御、6050形がVVVF制御を採用しています。

座席モケットは登場時から一度柄が変更されており、現在は鮮やかなローズピンクに黄色系のグラデーションを配した着席区分が四角くプリントされたデザインとなっています。袖仕切りはシンプルな白色の板型で、座席中へのスタンションポールなどもない、非常にシンプルな座席です。床は黄色味を帯びたグレー系、化粧板は明るい白で、座席がとにかく鮮やかに目に飛び込んでくる印象です。

通勤時の主力として存在感を発揮する6000形電車。西鉄らしさを外観にも色濃く残した車両です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
叡電800系(デオ810形)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました