Osaka Metro30000系(32系・第1編成)車内デザイン

OsakaMetro30000系(32系)第1編成車内Osaka Metro

2009年、大阪市営地下鉄久々の新形式として谷町線に導入されたOsaka Metro(大阪メトロ)30000系、32系の第1編成車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

Osaka Metro30000系(32系・第1編成)車内
車内
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)優先座席
優先座席
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)貫通路
貫通路
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)車いすスペース
車いすスペース
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)乗務員室背面
乗務員室背面
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)客用ドア
客用ドア
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)ドア開予告灯
ドア開予告灯
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)吊革
吊革
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)荷棚
荷棚
Osaka Metro30000系(32系・第1編成)天井部
天井部

概要

老朽化が進んでいる谷町線車両の置き換えようとして久々の新形式として導入されました。第1編成は試作車要素が強いですが、量産化改造を受け第2~4編成に近い仕様となっています。

車内はベージュ系の化粧板に朱色のモケットで、座席は5人掛けのバケットシートになりました。床は砂目模様で、窓は1枚ガラスを採用しています。吊革は長さの異なるものが混ぜられています。ドア上には千鳥配置で4:3比のLCDディスプレイが設置されています。乗務員室背面や貫通路は新20系のデザインを踏襲しています。試作車の第1編成はドア上が白色化粧板で、ドア開閉ランプが左にずれています。また、ドア横袖仕切り上部の色がグレーとなっています。

その後13編成が増備された谷町線の32系。礎となった第1編成は他編成とともに谷町線で活躍し続けています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
流鉄5000形流星 車内デザイン
福岡市地下鉄3000系 車内デザイン
阪神5700系 車内デザイン
【座席モケット紹介】山陽5030系(優先座席)
タイトルとURLをコピーしました