JR東海313系0番台 車内デザイン

JR東海313系0番台車内JR東海

1999年に登場、JR東海全線区にわたって増備され主力となった313系電車のうち、その最初期型にあたる0番台車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR東海313系0番台 車内
車内
JR東海313系0番台 座席(転換クロスシート)
座席(転換クロスシート)
JR東海313系0番台 優先席
優先席
JR東海313系0番台 貫通路
貫通路
JR東海313系0番台 トイレ
トイレ
JR東海313系0番台 車いす対応座席
車いす対応座席
JR東海313系0番台 乗務員室背面
乗務員室背面
JR東海313系0番台 客用ドア
客用ドア
JR東海313系0番台 LED車内案内装置
LED車内案内装置
JR東海313系0番台 吊革
吊革
JR東海313系0番台 吊革(優先席)
吊革(優先席)
JR東海313系0番台 荷棚
荷棚
JR東海313系0番台 天井部
天井部

概要

1999年から15年にわたって全区に導入されたのがこの313系。その始まりは名古屋地区に投入されたこの0番台車となります。

車内は全席クロスシートで転換式を採用。座席は落ち着きがあり掛け心地の良い青色系で、新幹線を連想させます。また天井部全体にラインデリアが広がり、蛍光灯にはカバーがついています。窓割はドア間5枚構成で、すべてのドア上にLED式の案内装置が用意されました。妻面はドアのみ色を変えてアクセントを持たせています。また、車いす対応座席がトイレの向かい側に用意されています。

このあと細かな仕様変更を重ねて徐々に増備された313系。今日も中京地区の各線で見かけない日は無いという存在です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

京阪600系(比叡山・びわ湖<山と水と光の廻廊>統一デザイン車両)車内デザイン
【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
タイトルとURLをコピーしました