伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)車内デザイン

伊豆箱根鉄道5000系第6編成車内伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道大雄山線で活躍する5000系電車のうち、1994年に増備された第6編成の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
車内
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
座席(転換クロスシート部)
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
座席(ロングシート部)、袖仕切り
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
優先席
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
貫通路
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
車いすスペース
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
乗務員室背面
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
LED車内案内装置
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
客用ドア
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
吊革
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
吊革(優先席)
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
荷棚
伊豆箱根鉄道5000系(第6編成)
天井部

概要

大雄山線の5000系電車は製造時期が長く、都度アップデートを繰り返してきたため、編成ごとに相違があるのが特徴です。

この第6編成は最終形態で、車内の座席は基本的に転換クロスシートとなり、車端部のみロングシートという構成です。座席モケットはオレンジ色で、クロスシートは枕カバーのついたものとなりドア横に仕切りができました。ロングシートはバケット型を採用しています。また、車端部にはLED式の車内案内装置が設置されています。貫通路にドアはなく、天井には直線状のクーラー送風口が連なっています。

クロスシートが増えて、より眺望を楽しめるようになった第6編成。他のロングシート車と共通運用のため、乗れるかどうかは運次第です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました