JR東日本E233系 車内デザインコレクション

E233系車内コレクションJR東日本

はじめに

2007年に初登場したE233系。E231系をベースにしつつ、接客面での大きなサービス向上が図られた車両で、中央快速線を筆頭にその後各線へ導入され、最大勢力となった形式です。

今回は各線向けE233系の普通車車内を、番台順でコレクションしてみました。座席モケットや細かい個所の違いをぜひお楽しみください。(グリーン車は別の機会にご紹介します)

車内デザインコレクション Interior collection

中央線快速電車・中央本線・青梅線・五日市線向け 0番台

JR東日本E233系 車内
0番台車内

記念すべき最初の車内はオレンジ色系です。袖仕切りの形状が変化し、座席はモケットカラーを設定。座り心地も改善されました。壁面は白、床は茶色になりE231系にくらべてかなり明るいカラーに。吊革は黒色系で、ドア上にはLCDディスプレイ、貫通路はすべての箇所にドアがつき、客用ドア含めて白い化粧板仕上げとなりました。現在は4号車へトイレ設置が進められています。

京浜東北線・根岸線向け 1000番台

JR東日本E233系1000番台 車内
1000番台車内

大量投入された1000番台は京浜東北線向け仕様。座席モケットは背摺り、座布団とも青色系にまとめられています。また、ドア上のLCDディスプレイはワイドモニタに変更されています。

常磐線各駅停車向け 2000番台

JR東日本E233系2000番台 車内
2000番台車内

ストレートボディで他の番台と印象が異なる2000番台は常磐線各駅停車向け。座席モケットはE231系などと同じ青色とグレーのものが採用されています。ドア上は当初1モニタでしたが、のちに他番台同様の2モニタへ増設されました。

湘南新宿ライン・上野東京ライン系統向け 3000番台

JR東日本E233系3000番台 車内
3000番台セミクロスシート車車内
JR東日本E233系3000番台 車内
3000番台ロングシート車車内

3000番台は近郊型仕様で導入され、グリーン車も存在します。座席モケットはE231系に合わせられており、2000番台と同様の仕様です。この番台の特徴としてセミクロスシート車が存在することと、ドア上にLCDディスプレイがなく、LED案内装置が設置されています。

京葉線・内房線・外房線向け 5000番台

JR東日本E233系5000番台 車内
5000番台車内

5000番台は京葉線系統向けに導入された番台です。座席モケットは2000・3000番台と同じ青色系のものが採用されており、そのほかの設備は京浜東北線向け1000番台に準じています。10連固定と分割編成の2種類が存在します。

横浜線・根岸線向け 6000番台

6000番台車内

こちらは横浜線系統向けに導入された車両です。比較的後年に導入された車両で、座席モケットは背摺り・座布団とも緑色系のものが採用されていますがこれは京浜東北線との誤乗対策のひとつとのこと。ドア上にはワイドディスプレイを2基ずつ搭載。

埼京線・川越線向け 7000版番台

JR東日本E233系7000番台車内
7000番台車内

2013年から導入されたのが埼京線系統向けの7000番台。こちらは横浜線向けより1年早く登場しましたが、座席モケットは緑色系のものが採用されています。当初から照明がLED化されているのも特徴です。

南武線向け 8000(8500)番台

JR東日本E233系8000番台 車内
8000番台車内

最後は2014年から導入された、南武線向けの車両です。外観・内装ともオリジナリティが非常に高く、座席モケットは背摺りが黄色、座布団が茶色という他線にないデザインが採用されました。8500番台は0番台から転用されており細部の違いが多く見られます。

総評

E231系に比べて一気に華やかさが増し、各線向けの個性もいろいろ見られるE233系ですが、こうやって並べてみると思っていたより違いは少なく、むしろ共通設計化によるメリットのほうを感じます。いつの間にかJR最大勢力となり、その後の新規導入はE235系にバトンタッチされました。しかし中央線向けにはこの後グリーン車増結の予定もあり、その勢力はさらに拡大するかもしれません。平成末期~令和時代の標準通勤型デザインを確立したE233系の完成度は、色々な意味で高い車両と言えます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
流鉄5000形流星 車内デザイン
福岡市地下鉄3000系 車内デザイン
阪神5700系 車内デザイン
【座席モケット紹介】山陽5030系(優先座席)

タイトルとURLをコピーしました