大阪港トランスポートシステムOTS系 車内デザイン

大阪港トランスポートシステム

1997年誕生。大阪市営地下鉄中央線、近鉄東大阪線を走る異色の存在でした。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

大阪港トランスポートシステムOTS系 外観
外観
大阪港トランスポートシステムOTS系 車内
車内

概要

基本構造は大阪市営の新20系と同一ですが、なんといっても車内デザインが異なるのがとても新鮮。明るい灰色の化粧板、淡い砂目模様の床、濃いベージュの袖仕切り、そしてなんといっても青緑色の織物を採用したモケットがとても新鮮で、大阪市営、近鉄ともに金茶色の座席の車両ばかりが走る中、とてもさわやかな存在でした。

現在はOsaka Metro谷町線へ籍を移し、座席は朱色に、またドア上のLEDも交換されましたが、袖仕切りや床の色などで他の車両との違いを見ることができます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台

タイトルとURLをコピーしました