【座席モケット紹介】京阪8000系

京阪8000系座席モケット 京阪

座席モケット紹介

Photo Gallery

京阪8000系座席モケット
座席モケット
京阪8000系座席(全体像)
座席(全体像)

概要

京阪8000系は出町柳開業に合わせて誕生した京阪特急です。一度リニューアルを受け車内は大幅に雰囲気が変わりました。

今回ご紹介するのは車端部の「ロングシート」ですが、ご覧の通りとてつもなく豪華なロングシートです。1人1人が非常に幅広く取られた、包み込むような形状のハイバックなバケットシートで、6人掛けの中央にはスタンションポールが設置されています。この工事に合わせて窓の天地幅が縮小されています。カーテンが横引きなのが特急らしさを演出しています。袖仕切りは黒い木目調の板型タイプで、大型なので立客との干渉を防止。立客用の腰当までついています。

この座席に特別料金なしで座ることができるのも京阪特急の魅力。リニューアルを経てまだまだ最前線で活躍してくれそうです。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

愛知環状鉄道2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】大井川鐡道7200系
山陽3000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪8000系
関東鉄道キハ2300形 車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました