名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)車内デザイン

名古屋市営地下鉄6000形初期車車内 名古屋市営地下鉄

名古屋市営地下鉄桜通線で開業時から活躍しているステンレス車両、6000形電車のうち量産車の初期型の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
車内
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
座席、袖仕切り
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
優先席
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
貫通路
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
貫通路(増備中間車)
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
LED車内案内装置
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
乗務員室背面
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
客用ドア
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
吊革
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
吊革(勇勢宴席)
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
荷棚
名古屋市営地下鉄6000形(初期量産車)
天井部

概要

6000形電車は試作車が1編成製造され、各種試験等を経て量産車両が12編成用意されました。今回はその開業時に導入された車両です。

車内については明るい白色系の化粧板に鮮やかな赤色のモケットの組み合わせで、座席はバケットシートを採用しています。試作車はパイプだった座席袖仕切りは、化粧板仕上げの板型に編九尾されています。貫通路は妻窓がなく代わりにLED車内案内装置が設置されましたが、増備された中間車は後期車に合わせて妻窓があり、LED案内装置が通路上に移設されています。また、天井部を見ると吊革受けのパイプが角丸四角形のユニークな支えになっているのも面白い点です。

現在は名古屋市営地下鉄の最古参形式ですが、開業時から活躍する6000形も引き続き活躍を続けています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州813系2200番台(ロングシート改造車)
タイトルとURLをコピーしました