筑豊電鉄5000形 車内デザイン

筑豊電鉄5000形車内筑豊電鉄

2015年より製造されている3連接車体を採用した同社初の低床車両、筑鉄5000形電車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

筑豊電鉄5000形 車内
車内
筑豊電鉄5000形 座席(ロングシート部)、袖仕切り
座席(ロングシート部)、袖仕切り
筑豊電鉄5000形 座席(クロスシート部)
座席(クロスシート部)
筑豊電鉄5000形 優先席
優先席
筑豊電鉄5000形 車いす対応折り畳み座席
車いす対応折り畳み座席
筑豊電鉄5000形 客用ドア(中ドア)
客用ドア(中ドア)
筑豊電鉄5000形 整理券発行機、ICカードリーダー
整理券発行機、ICカードリーダー
筑豊電鉄5000形 客用ドア(前ドア)
客用ドア(前ドア)
筑豊電鉄5000形 整理券発行機、運賃箱
整理券発行機、運賃箱
筑豊電鉄5000形 LCD運賃表、防犯カメラ
LCD運賃表、防犯カメラ
筑豊電鉄5000形 吊革
吊革
筑豊電鉄5000形 吊革(優先席)
吊革(優先席)
筑豊電鉄5000形 天井部
天井部

概要

長らく2000形、3000形で運行されてきた筑豊電鉄線ですが、2015年、バリアフリーに対応した低床車両がついに導入されました。編成ごとにカラーが異なります。

車体はリトルダンサーUaを採用しており、3連接構造となっていますが、連接部は広く開口部があり車内は開放的です。座席はロングシートとクロスシートがあり、タイヤハウス部などは高い位置にシートがあります。車いすスペースは通常時折り畳み座席が配置されています。車内案内装置は運賃表を兼ねており先頭部にあります。座席には非常に可愛いストライプ柄が採用され、車内には木製パーツ、木目調パーツがアクセントとして落ち着きを演出しています。

順次増備され見かける機会も多くなり、車いす対応ということから固定ダイヤで運行されています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】近鉄7020系
【番外】木目調化粧板コレクション
阪急6000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】名鉄6800系(3・4次車)
【BGM付前面展望動画】広い空 – JR京都線高槻付近の夕景前面展望 –
タイトルとURLをコピーしました