東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)車内デザイン

東武8000系4両編成ワンマン車車内東武

一大勢力を誇った東武8000系のうち、越生線・東上線で活躍する4連ワンマン車、その最終編成の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)車内
車内
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)優先席
優先席
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)貫通路
貫通路
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)車いすスペース
車いすスペース
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)乗務員室背面
乗務員室背面
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)客用ドア
客用ドア
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)LED車内案内装置
LED車内案内装置
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)戸閉灯
戸閉灯
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)吊革
吊革
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)吊革(優先席)
吊革(優先席)
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)荷棚
荷棚
東武8000系(4両編成ワンマン車、81120編成)天井部
天井部

概要

現在東上線、越生線系統で活躍する8000系はいずれもワンマン改造された4両編成で、後期に更新工事を受けた車両で統一されています。今回はその中から最終編成となる81120編成の内装をご紹介します。

基本は明るいベージュに黄緑色の着席区分柄入りモケットという構成ですが、この編成は修繕工事後に2度にわたる床カラーの試験交換に供されたことがあり、現在10030系更新車とおなじグレー系の砂目模様にドア付近のみ黄色の警戒色という床デザインが採用されているのが特徴です。それ以外は他編成同様で、吊革は優先席のみ三角形の黄色、ドア上は千鳥配置でLED表示器を設備、車いすスペースの設置などが見られます。

残り僅かになった8000系のなかでも床面デザインの違いから一層異端感のある同編成。明るいカラーリングを纏って山間部を駆け巡ります。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました