東京メトロ05系(ワイドドア車)車内デザイン

東京メトロ05系(ワイドドア車)車内東京メトロ

1991年に試験的に導入され、その後増備されたラッシュ対策車、東京メトロ東西線05系ワイドドア車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア(ワイドドア)
客用ドア(乗務員室直後)
LCD車内案内装置
吊革
吊革(優先席)
荷棚
天井部

概要

圧巻のドア幅1800mmを備えてラッシュ対策を施された車両が1991年に誕生しました。その後効果が認められ15000系においても採用されています。

現在はB修工事と呼ばれるリニューアルが施され、大変明るい内装となりました。袖仕切りが大型化され床はグレー系に、またドア上にはLCD車内案内装置が設置されています。座席は赤色系で着席区分柄の入ったモケットで、優先席はストライプの入った青色が踏襲されています。乗務員室直後のみ寸法設計の都合で標準サイズのドアが設置されています。ドアが大きい分側窓の寸法が小さくなることから、戸袋窓が設置されています。

更新工事も受け、ワイド対応ホームドアも順次設置されていることから、混雑路線として有名な東西線の主力として引き続き活躍が期待できます。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
【番外】烏丸線10系インテリア進化の系譜
タイトルとURLをコピーしました