JR九州813系100番台 車内デザイン

JR九州813系100番台車内 JR九州

JR九州北部の主力通勤車両、813系電車のうち、1995年から製造された100番台の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR九州813系100番台 車内
車内
JR九州813系100番台 座席(転換クロスシート)
座席(転換クロスシート)
JR九州813系100番台 優先席
優先席
JR九州813系100番台 ゴミ箱
ゴミ箱
JR九州813系100番台 貫通路
貫通路
JR九州813系100番台 トイレ
トイレ
JR九州813系100番台 乗務員室背面、非常はしご
乗務員室背面、非常はしご
JR九州813系100番台 客用ドア
客用ドア
JR九州813系100番台 LED車内案内装置
LED車内案内装置
JR九州813系100番台 吊革
吊革
JR九州813系100番台 荷棚
荷棚
JR九州813系100番台 天井部
天井部

概要

1994年の0番台に続いて、3両編成が誕生したのが100番台です。ある程度まとまった両数が導入されています。

車内はグレートーンで、座席と客用ドアが赤、貫通路が青色でアクセント付けされています。座席と床面には黒いヒョウ柄模様が入っています。天井はフラットで蛍光灯にはカバーがついています。座席は転換クロスシートを採用していますが、100番台では端部固定タイプに変更されました。登場当初は喫煙が出来たため袖仕切りに灰皿跡が残っている車両もあります。ドア上にはLED車内案内装置が設置されています。

100番台は座席撤去の対象外となっており、登場時とほぼ変わらない姿で引き続き鹿児島本線などで活躍しています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR西日本700系7000番台(自由席)
【特集】近鉄通勤型袖仕切りコレクション
南海9000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR東海HC85系
京成3700形(1次車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました