近鉄6620系(MT23編成)車内デザイン

近鉄6620系車内 車内

1993年、南大阪線6400系列の4両編成バージョンとして誕生した近鉄6620系電車のうち、第3編成の車内をご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、カーテン
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面、避難はしご
客用ドア
吊革
吊革(優先座席)
荷棚
天井部

概要

南大阪線系のVVVF4両編成車両として登場しました。7編成が製造されています。

今回ご紹介する編成は取材した2022年10月現在、比較的原形を保っているデザインです。サンドウェーブ柄と呼ばれる化粧板に青いカーテン、茶色の床などが登場時からのものになります。座席モケットは当初単色でしたが、現在は模様の入ったものになっています。また本編成はドア上へのLED車内案内装置設置が実施されていません。近年の変化として運転室の後ろに避難はしごが設置されました。天井はフラットなラインデリアで、蛍光灯カバーも車内全体に連続しています。

優等列車から普通列車まで活躍しており、イベント等にもよく用いられる車両です。

近鉄の車内デザイン記事 目次

こちらに近鉄の形式一覧と、その記事化状況をまとめていますので、合わせてご覧ください。

https://note.com/soseki1985/n/nb2108caa736f

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

神戸新交通2020形 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR北海道737系
都営12-600形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】秩父鉄道12系
JR東海HC85系(普通車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました