南海2230系 車内デザイン

南海2230系車内 南海

1969年から製造された高野線向けズームカー22000系を支線向けに改造して誕生した南海2230系の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

南海2230系 車内
車内
南海2230系 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
南海2230系 優先座席
優先座席
南海2230系 貫通路
貫通路
南海2230系 車いすスペース
車いすスペース
南海2230系 乗務員室背面
乗務員室背面
南海2230系 客用ドア
客用ドア
南海2230系 吊革
吊革
南海2230系 荷棚
荷棚
南海2230系 天井部
天井部

概要

角ズームカーなどと呼ばれた22000系の更新工事は1993年ごろから開始され、2200系・2230系・2270系の3種類が誕生しました。今回ご紹介の2230系は最初から支線向けに製造されたグループになります。

車内は7100系更新車などと同様、明るいベージュ系の化粧板と、クリーム色の模様入りの床が組み合わさっています。座席モケットはグレー系で、2ドア車なので非常に長さのあるロングシートがドア間、車端部とも展開されています。そのほかの造形も基本的に7100系などに準じていますが、カーテンは青色のまま踏襲されています。妻窓にはブルーガラスが採用されました。

ワンマン改造され、専ら支線専用として活躍しており、本線走行は入出場時などに限られます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

埼玉新都市交通1050系 車内デザイン
阪急6300系(4両編成)車内デザイン
横浜市営地下鉄3000A形 車内デザイン
【番外】第3回 今はもう見られない車内デザイン8選
東京メトロ02系(7次車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました