東武30000系(1次車)車内デザイン

東武30000系1次車車内 東武

1997年より運行を開始した東武最後のステンレス製通勤型車両30000系のうち、最初の2編成に見られる車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

東武30000系(1次車)車内
車内
東武30000系(1次車)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
東武30000系(1次車)優先席
優先席
東武30000系(1次車)貫通路
貫通路
東武30000系(1次車)車いすスペース
車いすスペース
東武30000系(1次車)乗務員室背面
乗務員室背面
東武30000系(1次車)客用ドア
客用ドア
東武30000系(1次車)LED車内案内装置、ドア締め切り灯
LED車内案内装置、ドア締め切り灯
東武30000系(1次車)吊革
吊革
東武30000系(1次車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
東武30000系(1次車)荷棚
荷棚
東武30000系(1次車)天井部
天井部

概要

それまで大量製造されていた10000系列を踏襲したステンレスボディ、貫通型スタイルで登場しつつ、各所に当時の最新デザインを取り入れよりやさしい印象に仕上がった車両です。

車内はベージュ系に青色のシートが並ぶ新デザインを採用されました。初期の2編成のみに見られる特徴として、座席は個別形状となっていない一般的なロングシートが採用され、着席区分柄が織り込まれています。窓が大きくなり明るい印象です。袖仕切りは青色系の板型形状を採用。初期車では大型タイプではないオリジナル形状なのがポイントです。貫通路はドアの窓が下方に拡大されています。情報量の多いLED車内案内装置も同系の魅力です。

今はほぼ東上線へと転籍し、他の増備車同様の運用で活躍中です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急1000系1500番台 車内デザイン
神鉄1150形(第1編成)車内デザイン
埼玉新都市交通2020系 車内デザイン
Osaka Metro21系(1996年増備車)車内デザイン
東武50000型(後期車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました