JR西日本207系体質改善車 車内デザイン

JR西日本207系リニューアル車車内 JR西日本

1991年より導入されたJR西日本アーバンネットワークの4ドア通勤車、207系電車のうち、体質改善工事を受けた車両の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚
天井部

概要

非対称スタイルの貫通路など特徴的な仕様が多々見られる207系も2014年より順次リニューアル工事が実施され、外観・内装とも変化が見られます。

内装はシックなグレートーンの色調となり、深い緑の座席と、林立する黄色いスタンションポール、吊革でにぎやかな印象に仕上がりました。柔らかなソファシートは一般的なモケットとなり、この編成では片持ち式ロングシートに換装され、番台ごとの差異が見られなくなりました。袖仕切りは大型化、LED案内装置には号車表示がつきました。貫通路は引き続き非対称スタイルですが、ドアがステンレス無塗装に変化しています。また天井照明はLEDとなり、更新前に比べるとかなり明るくなりました。

とにかく黄色い安全装備がシックな内装の中で目立つ同車。引き続き関西各線で活躍が続くものと思われます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急1000系1500番台 車内デザイン
神鉄1150形(第1編成)車内デザイン
埼玉新都市交通2020系 車内デザイン
Osaka Metro21系(1996年増備車)車内デザイン
東武50000型(後期車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました