横浜高速鉄道Y000系 車内デザイン

横浜高速鉄道Y000系車内 横浜高速鉄道

1999年、こどもの国線の東急からの移管に備えて誕生したワンマン運転用の通勤型車両、横浜高速鉄道Y000系電車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

横浜高速鉄道Y000系車内
車内
横浜高速鉄道Y000系座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
横浜高速鉄道Y000系優先席
優先席
横浜高速鉄道Y000系貫通路
貫通路
横浜高速鉄道Y000系車いすスペース
車いすスペース
横浜高速鉄道Y000系乗務員室背面
乗務員室背面
横浜高速鉄道Y000系客用ドア
客用ドア
横浜高速鉄道Y000系LED車内案内装置
LED車内案内装置
横浜高速鉄道Y000系吊革
吊革
横浜高速鉄道Y000系荷棚
荷棚
横浜高速鉄道Y000系天井部
天井部

概要

横浜高速鉄道としては初形式となる車両で、東急こどもの国線の移管に当たって導入された車両です。東急3000系をベースに設計されています。

車内は明るいベージュがベースで、ドアや妻面などにはアクセントで薄いイエローが取り入れられています。座席モケットは後年変更され、4色のカラフルなモケット仕様となりました。床は薄い茶色となっています。貫通路はワンマン運転前提のためドアが設置されていません。車いすスペースも装備しています。ドア上には千鳥配置でLED車内案内装置が設置されました。

一部車両はラッピングのうえ内外が改装されていますが、オリジナルデザインの編成も引き続き運行されています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急1000系1500番台 車内デザイン
神鉄1150形(第1編成)車内デザイン
埼玉新都市交通2020系 車内デザイン
Osaka Metro21系(1996年増備車)車内デザイン
東武50000型(後期車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました