神鉄6000系 車内デザイン

神鉄6000系車内 神鉄

16年ぶりの新形式として2008年に誕生した神鉄初のステンレス製車両、神鉄6000系電車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

神鉄6000系の車内
車内
神鉄6000系の座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
神鉄6000系の優先座席(折り畳み式)、車いすスペース
優先座席(折り畳み式)、車いすスペース
神鉄6000系の車いすスペース(折り畳み座席)
車いすスペース(折り畳み座席)
神鉄6000系の貫通路
貫通路
神鉄6000系の乗務員室背面
乗務員室背面
神鉄6000系の客用ドア
客用ドア
神鉄6000系のLCD車内案内装置
LCD車内案内装置
神鉄6000系の吊革
吊革
神鉄6000系の荷棚
荷棚
神鉄6000系の天井部
天井部

概要

内外ともにまったく新しいデザインを取り入れ誕生した4両編成の6000系。その意匠については、親会社である阪急電車の9000系のコンセプトが各所に見受けられるのが特徴です。

車内は濃いマホガニーを基調に、ブロンズ色のアクセントが各所に取り入れられています。座席モケットはオリーブ色で、阪急同様のアンゴラ山羊の毛織物となっています。天井部は白色で、荷棚はデザイン性を持たせた形状が特徴です。座席は4人ごとの間に仕切りが設けられています。また貫通路についても阪急同様、自動扉を採用しました。ドア上にはLCDモニタも設置されています。

多くの新機軸を取り入れた6000系は神鉄の近代化に大きく貢献しており、その後製造は6500系へと引き継がれました。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro 24系(初期リニューアル車)車内デザイン
東武30000系(1次車)車内デザイン
JR西日本207系体質改善車 車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系 車内デザイン
神鉄6000系 車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました