都営6300形(2次車)車内デザイン

都営6300形2次車車内 車内

都営地下鉄三田線の主力にして、いよいよ置き換えがはじまる6300形車両のうち、初期に製造された2次車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

都営6300形(2次車)車内
車内
都営6300形(2次車)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
都営6300形(2次車)優先席(ロングシート)
優先席(ロングシート)
都営6300形(2次車)優先席(ボックスシート)
優先席(ボックスシート)
都営6300形(2次車)貫通路(狭幅)
貫通路(狭幅)
都営6300形(2次車)貫通路(広幅)
貫通路(広幅)
都営6300形(2次車)車いすスペース
車いすスペース
都営6300形(2次車)乗務員室背面
乗務員室背面
都営6300形(2次車)客用ドア
客用ドア
都営6300形(2次車)LED車内案内装置
LED車内案内装置
都営6300形(2次車)吊革
吊革
都営6300形(2次車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
都営6300形(2次車)荷棚
荷棚
都営6300形(2次車)天井部
天井部

概要

6300形は1993年と1999年、2つの製造年次で大きく仕様が異なりますが、こちらは初期の車両に見られるインテリアになります。

非常に作りこまれた上品な車内で、全体的にシックなグレーが多用されています。座席は落ち着きのある赤系のバケットシートで優先席は紫色です。座席袖が石模様のデザインされたおしゃれな形状になっています。また一部の貫通路が両開き扉化している点や、優先席の一部がボックスシートで設置されている点なども他の地下鉄ではあまり見かけないユニークな構造です。床とスタンションポールは後年更新されています。車端部以外の座席下が広くとられているのも面白い点ですね。

6500形車両の登場により、まずこの初期車から廃車が進むのでは?と思われます。大変個性的で落ち着きのあるインテリアデザイン、早めに堪能されることをお勧めします。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急1000系1500番台 車内デザイン
神鉄1150形(第1編成)車内デザイン
埼玉新都市交通2020系 車内デザイン
Osaka Metro21系(1996年増備車)車内デザイン
東武50000型(後期車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました