南海8300系(6次車)車内デザイン

南海8300系6次車車内 南海

続々と製造が続けられている南海のステンレス製通勤型車両8300系のうち、高野線向けに初投入された6次車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
吊革(優先座席)
荷棚
天井部

概要

2019年より高野線の従来車両を置き換えるにあたり、すでに南海線に導入されていた8300系が抜擢されましたが、高野線向けとなりいくらか車内に変更点が生じました。

車内は8300系1次車と同様、内側が黒色処理された大型袖仕切りを採用しました。座席横のスペースも全箇所統一設計となり、南海線のような荷物スペースはありません。また、座席モケットは9000系更新車同様、濃淡グレーが交互に採用された着席区分柄となり、深さのあるバケットシートに変化しました。吊革についてもさわやかな青色のものが新規採用されています。そのほかは基本的に従来の8300系に準じており、ドア上には千鳥配置でLCD案内装置も設置されています。

14年ぶりの新車導入、比較的ハイペースに増備が続けられており、いつの間にか高野線の主役になる日も遠くないものと思われます。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro 24系(初期リニューアル車)車内デザイン
東武30000系(1次車)車内デザイン
JR西日本207系体質改善車 車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系 車内デザイン
神鉄6000系 車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました