京急1000形(8次車)車内デザイン

京急1000形8次車車内 京急

京急線の主力として活躍する1000形電車のうち、2008年に増備されたステンレス車両グループの車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
吊革(優先席)
荷棚
屋根部

概要

6次車からJRの設計を取り入れステンレス無塗装ボディ化された京急1000形ですが、今回ご紹介するのは4・8連が製造されたその8次車の車内です。

大きな変化はなく、オールロングシートで、グレー系の化粧板にコーラルレッドのバケットシートが並びます。座席は途中に仕切りが入っているのが特徴です。座席袖の仕切りにパイプが1本追加されたのと、優先席のスタンションポールが黄色いものに変更されているのがこの世代の特徴となります。一方ドア上の案内表示器はLED式のままです。大きな窓には青色系のカーテンも備わっています。

賛否両論の存在となったステンレス無塗装グループは比較的長期にわたって製造されたため、全線にてよく見かける、京急の最も標準的存在に位置する車両となっています。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

京阪9000系 車内デザイン
京急1000形(8次車)車内デザイン
近鉄1620系 車内デザイン
【番外】京阪2600系の消火器ボックス話
東京メトロ17000系(10両編成)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました