名鉄6000系(9次車)車内デザイン

名鉄6000系(9次車)車内デザイン 名鉄

名鉄の一時代を築いた6000系電車のうち、前面デザインが変化した9次車のオリジナルを保った編成の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄6000系(9次車)車内デザイン
車内
名鉄6000系(9次車)固定クロスシート
固定クロスシート
名鉄6000系(9次車)ロングシート、袖仕切り
ロングシート、袖仕切り
名鉄6000系(9次車)優先席
優先席
名鉄6000系(9次車)貫通路
貫通路
名鉄6000系(9次車)乗務員室背面
乗務員室背面
名鉄6000系(9次車)客用ドア
客用ドア
名鉄6000系(9次車)吊革
吊革
名鉄6000系(9次車)荷棚
荷棚、消火器

概要

6000系の9次車は前面が非貫通スタイルになった世代で、一気に印象が変わりました。この年から4両編成は6500系へ移行しましたが、2両編成はその後も6000系名義で製造されています。

紹介する車内は貴重なセミクロスシート配置で残る車両です。座席は角度のついた固定シートとロングシートの組み合わせです。シートモケットは後年張り替えられたものになります。また妻面はじめ各所に濃い木目が用いられており、座席裏やクーラー吹出部にまで装飾されています。床はドア付近と座席付近でツートンになっています。

多くがロングシートに改造された中、6500系、6800系とともに名鉄らしさを伝える車両として活躍を続けています。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

京阪9000系 車内デザイン
京急1000形(8次車)車内デザイン
近鉄1620系 車内デザイン
【番外】京阪2600系の消火器ボックス話
東京メトロ17000系(10両編成)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました