京阪6000系(未更新車)車内デザイン

京阪6000系未更新車内 京阪

これまでのデザインを一新して1983年から製造された、京阪6000系車両のうち、未更新車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京阪6000系(未更新車)車内
車内
京阪6000系(未更新車)車内(増備車)
車内(増備車)
京阪6000系(未更新車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
京阪6000系(未更新車)座席、袖仕切り(増備車)
座席、袖仕切り(増備車)
京阪6000系(未更新車)優先座席
優先座席
京阪6000系(未更新車)貫通路
貫通路
京阪6000系(未更新車)乗務員室背面
乗務員室背面
京阪6000系(未更新車)客用ドア
客用ドア
京阪6000系(未更新車)吊革
吊革
京阪6000系(未更新車)吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
京阪6000系(未更新車)荷棚
荷棚
京阪6000系(未更新車)天井部
天井部

概要

令和に入った現在まで続いている新しい伝統を築いたパイオニアともいえる車両で、それまでに製造された車両とはすべての設計が一新されています。

車内に関しても袖仕切りの板型化、妻窓の封鎖、大型2枚窓、ベージュの化粧板、パイプ型の荷棚など数多くの新機軸が取り入れられました。現在は座席モケットのみ最新デザインに変更されていますが、それ以外の部分は登場時のままで、今見ても古さは感じません。空調もラインデリア1本が車内全体に走っています。8両編成化時に増備された車両は7000系がベースとなっており、袖仕切り内側や座席端部の処理に相違が見られます。

究極のオーソドックスで落ち着きがある車内を築いたこのデザインも間もなく見納めとなります。新デザインになっても活躍し続ける6000系に期待です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【番外】小田急3000形&京成3000形 車内徹底比較
東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました