京王8000系(未更新車)車内デザイン

京王8000系(未更新車)車内デザイン 京王

1992年から長期にわたり製造された京王を代表する通勤型車両、8000系電車のうち、更新工事を受けていない車両の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席(ゆずりあいゾーン)
貫通路
乗務員室背面
客用ドア
LED車内案内装置
吊革
荷棚

解説

京王の新時代を築く新しいCIデザインを取り入れた車両としてデビューしました。曲線を活かした美しい現代的なフォルムに、戸袋窓など旧来の京王らしさが融合したスタイルが特徴です。

車内は暖色系で、登場時とはいくらか仕様が変化しています。化粧板は天井まで柄の入ったベージュ系で座席は薄い赤色、優先席は淡いブルーとなっています。袖仕切りは当初パイプでしたが後年更新工事とは別に大型化されました。この車両は後期車で、貫通路の扉は大型ガラスに変化しています。LED車内案内装置も設置されました。特徴的な床はベージュにラインが2本入った独特なデザインです。

この平成らしい京王スタイルも順次更新工事で爽やかな配色に変わりつつあり、消滅するのも時間の問題となりつつあります。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【番外】小田急3000形&京成3000形 車内徹底比較
東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました