能勢電鉄1700系 車内デザイン

能勢電鉄1700系 車内デザイン 能勢電鉄

1960年に誕生した阪急オートカーを1990年から譲り受け運行を開始した、能勢電鉄最古参1700系電車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、鎧戸
優先座席
貫通路(広幅-狭幅)
貫通路(狭幅、ドア付)
乗務員室背面
客用ドア
吊革
荷棚
天井部

概要

還暦を迎えた阪急オートカーが、令和3年に入った今も活躍しており、一時代を築いた車内デザインがそのままに残っています。

美しいマホガニーの壁と白い天井、茶色い床。床は一部車両が阪急同様のタイルデザインに張り替わっています。オリーブの座席は最近優先座席が紅色に変化しました。本線には残っていない座席下方式のドアエンジン搭載のため、鴨居がすっきりしている点、あるいはドアのない貫通路なども歴史を語る特徴です。座席下の蹴込板の曲線も注目のポイントです。

LED前照灯にスカートが付き、まだまだ現役…と言いたいところですが、7200系の増備は進められており、引退は遠くないのは間違いないことと思われます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【番外】小田急3000形&京成3000形 車内徹底比較
東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました