神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)車内デザイン

神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)車内デザイン 神戸市交通局

1976年の市営地下鉄開業時に登場した、神戸市営地下鉄西神・山手線の1000形車両のうち、後期に更新工事を受けた1000-02形の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)車内デザイン
車内
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)座席、袖仕切り、鎧戸
座席、袖仕切り、鎧戸
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)優先座席
優先座席
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)貫通路(広幅)
貫通路(広幅)
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)貫通路(狭幅)
貫通路(狭幅)
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)貫通路(扉付)
貫通路(扉付)
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)車いすスペース
車いすスペース
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)乗務員室背面
乗務員室背面
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)客用ドア
客用ドア
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)吊革
吊革
神戸市営地下鉄1000形(1000-02形)荷棚
荷棚

解説

開業時から走っている車両ですが、一度更新工事を受けており、1000-02形と分類される車両はIGBT素子のVVVFインバータ制御装置を搭載しています。

この編成は最末期に製造されたグループで、運転台背面に窓があるのがポイントです。車内全体は落ち着きのある薄い木目柄の入った化粧板に、同じくシックな緑色のシート、ベージュの床の構成です。袖仕切りは更新前はスタンションポールがない形状のものでした。阪急系の側窓構造を採用し、1枚下降窓が3枚並び、日よけは鎧戸となっています。取材が叶いませんが、女性専用車は6連化の増備車で、袖仕切りが2000形と同じタイプに変更されています。

急速に新型車両への置き換えが進んでおり、モダンな外観もまもなく見納めになるものと推測されます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

埼玉新都市交通1050系 車内デザイン
阪急6300系(4両編成)車内デザイン
横浜市営地下鉄3000A形 車内デザイン
【番外】第3回 今はもう見られない車内デザイン8選
東京メトロ02系(7次車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました