東京メトロ07系 車内デザイン

東京メトロ07系 車内デザイン 東京メトロ

1993年に有楽町線向け車両として誕生し、その後東西線で活躍する東京メトロ07系のうち、B修繕を受けていない車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

東京メトロ07系 車内デザイン
車内
東京メトロ07系 座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
東京メトロ07系 優先席
優先席
東京メトロ07系 貫通路
貫通路
東京メトロ07系 車いすスペース
車いすスペース
東京メトロ07系 乗務員室背面
乗務員室背面
東京メトロ07系 客用ドア
客用ドア
東京メトロ07系 LED車内案内装置
LED車内案内装置
東京メトロ07系 吊革
吊革
東京メトロ07系 荷棚
荷棚
東京メトロ07系 天井部、吊革(優先席)
天井部、吊革(優先席)

概要

1993年に有楽町線向けの新形式として登場した03系ですが、その後全編成が東西線へ移管され、現在まで活躍中です。

B修繕工事が進行していますが、今回ご紹介するのはオリジナル。座席や床面は改修されていますが、美しい模様の入った化粧板や上品な袖仕切り、大きな窓などの特徴は健在です。荷棚は営団らしさの残る格子状の編み込みで、袖仕切りの形状自体も6000系からの伝統を引き継いだデザインとなっています。

B修の進行で残念ながらこの袖仕切りは見られなくなりますが、東西線らしさのあるこのモケットは健在。改修されることで今後も前線での活躍が見られるのは嬉しいことです。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ05系(ワイドドア車)車内デザイン
近鉄2610系(X22編成)車内デザイン
京王8000系(未更新車)車内デザイン
能勢電鉄1700系 車内デザイン
【番外】20年で4種類の車内に変化した車両【京阪9000系】

タイトルとURLをコピーしました