【座席モケット紹介】新京成80000形

新京成80000形座席モケット 座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

座席モケット
座席(全体像)

概要

令和3年現在、新京成電鉄の最新鋭車両である80000形の座席モケットをご紹介したいと思います。

京成3100形と基本的な構造は同じで、同社初のハイバックロングシートを採用しました。京成車と異なり、跳ね上げ座席は採用されていません。座席モケットは一足早く8800形リニューアル車で採用実績のある、鮮やかなピンクとブラウンのツートンで、とてもおしゃれな印象に仕上がりました。新京成の新時代を印象付けるコントラストだと言えます。

お知らせ

noteをはじめました

しれっと、ヘッダーのメニューに追加したのですが、noteをはじめました。

ただしこちらは鉄道車両や駅をご紹介するものではなく、管理者sosekiの「自分語り」がベースになっています。アートディレクターとして思うこと、鉄道ファンとして思うことなど、自分が考えていることをいろいろ綴っていきます。もしご興味があれば、フォローをお願いいたします。

soseki|note
殻の中の鶏。アートディレクターをしながら、鉄道車内にこだわる趣味活動をおこなっています。 ウェブサイト: Twitter:

ヘッダーのメニューも変化しました

鉄道車両や駅のデザインをご紹介する定期記事は、「Train」メニュー、また数が増えてきた番外記事へダイレクトアクセスする場合は「Special」メニューを押していただければ便利です。

本当に、2年弱で随分とたくさんの記事を掲載することができ、閲覧いただく方々が増えていてとても嬉しい限りです。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ05系(ワイドドア車)車内デザイン
近鉄2610系(X22編成)車内デザイン
京王8000系(未更新車)車内デザイン
能勢電鉄1700系 車内デザイン
【番外】20年で4種類の車内に変化した車両【京阪9000系】

タイトルとURLをコピーしました