Osaka metro30000系(31系)3次車 車内デザイン

Osaka Metro30000系(31系)3次車 車内デザイン Osaka Metro

御堂筋線向けに2011年から長期間増備が続けられている30000系(31系)車両のうち、大きく車内が変わった2016年以降に導入された3次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先座席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革
荷棚

解説

大阪市営地下鉄時代末期に導入されたグループで、外観はほぼそのままですがインテリアが大きく変化したのがこの世代の車両です。

袖仕切りにガラスを取り入れた流行りの意匠にハイバックな形状の座席を初採用。取材時は停止していましたが座席下にも照明が組み込まれています。貫通路の窓も拡大され、全体的に開放感を意識しています。こののち増備される4次車と比較すると、袖仕切りにカラーパーツが使用されている点や貫通路の扉のデザインに違いがあります。床面には御堂筋を意識して銀杏柄が敷き詰められています。

この世代は6編成が在籍。LEDを活用した内装の雰囲気の変化をぜひお楽しみいただければと思います。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】東京メトロ16000系

タイトルとURLをコピーしました