京成3500形(更新車)車内デザイン

京成3500形(更新車)車内デザイン 京成

1972年、京成初のステンレスボディで登場した3500形電車のうち、令和3年現在も残る更新車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京成3500形(更新車)車内デザイン
車内
京成3500形(更新車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
京成3500形(更新車)優先席
優先席
京成3500形(更新車)貫通路(広幅)
貫通路(広幅)
京成3500形(更新車)貫通路(狭幅)
貫通路(狭幅)
京成3500形(更新車)車いすスペース
車いすスペース
京成3500形(更新車)乗務員室背面
乗務員室背面
京成3500形(更新車)客用ドア
客用ドア
京成3500形(更新車)吊革
吊革
京成3500形(更新車)荷棚
荷棚
京成3500形(更新車)扇風機
扇風機

解説

1996年より3500形は更新工事を受けましたが、外観・内装とも原形をほぼとどめない程に大掛かりな改修となり、もはや別形式の様相で出場したのが印象的だった車両です。そのため、内装も昭和40年代製とは思えないインテリアです。

全体的に白を基調とし、優しい赤と青のバケットシートを採用。窓は黒い冊子の2段窓2連構造となり、座席端部には板型の袖仕切りが設置されました。貫通路はドアのない広幅部とドアのある狭幅部が存在します。車いすスペースも設けられました。貫通路や天井部の扇風機などは、更新前の面影が見え隠れするポイントです。

4・6連でローカル運用に従事しています。製造から見れば経年が進んでおり、今後の新車置き換え対象となるのか、あまり悠長なことは言えない状況下にあることは間違いないと思われる車両です。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

京阪2600系 車内デザイン
【番外】1両にステッカーは何種類存在するのか?
名鉄3150系(3次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】南海8300系(6次車)
西武9000系(ワンマン車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました