能勢電鉄5100系(復刻車両)車内デザイン

能勢電鉄5100系復刻車両の車内 能勢電鉄

能勢電鉄に阪急から譲渡され2015年より運行されている5100系電車のうち、復刻塗装・内装で登場した2両編成の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

能勢電鉄5100系(復刻車両)車内
車内
能勢電鉄5100系(復刻車両)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
能勢電鉄5100系(復刻車両)優先座席、カーテン
優先座席、カーテン
能勢電鉄5100系(復刻車両)貫通路
貫通路
能勢電鉄5100系(復刻車両)車いすスペース
車いすスペース
能勢電鉄5100系(復刻車両)乗務員室背面
乗務員室背面
能勢電鉄5100系(復刻車両)客用ドア
客用ドア
能勢電鉄5100系(復刻車両)吊革、額装
吊革、額装
能勢電鉄5100系(復刻車両)荷棚
荷棚

解説

外観は塗装が懐かしい復刻カラーになっている点以外、阪急時代の面影を残しますが、内装は大きく変化しています。工事は阪神車両メンテナンスが担当しています。

まず全体的に化粧板が張り替えられ、艶のあるオーク調のものとなりました。ドア部分はマットで濃い色の木目となっています。座席はオリーブ色で阪急に合わせてありますが、取り換えられたカーテンにはキレイな里山のイラストが描写されています。また、ドア間の荷棚は撤去され、作品が飾られた額装が並びます。貫通路のドア窓は種車の関係で、2編成それぞれ異なる大きさです。

前任の1500系に続き、カラーの異なる2編成が日生中央・妙見口~山下の区間運転に従事しています。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】東京メトロ16000系

タイトルとURLをコピーしました