京阪7000系 車内デザイン

京阪7000系 車内デザイン 京阪

1989年よりVVVFインバータ制御搭載の通勤型として4編成が製造された、京阪7000系電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京阪7000系 車内デザイン
車内
京阪7000系 座席、袖仕切り、カーテン
座席、袖仕切り、カーテン
京阪7000系 優先座席
優先座席
京阪7000系 貫通路
貫通路
京阪7000系 車いすスペース、一人がけシート
車いすスペース、一人がけシート
京阪7000系 乗務員室背面
乗務員室背面
京阪7000系 客用ドア
客用ドア
京阪7000系 LED車内案内装置
LED車内案内装置
京阪7000系 吊革
吊革
京阪7000系 荷棚
荷棚

解説

6000系電車の改良版として登場した7000系。平成元年より製造され、一部は6000系からの編入車もあります。最大の特徴は東洋電機製のVVVFインバータ制御装置を本格採用した点です。

車内は6000系をほぼ踏襲した構造となっており、ベージュ系の化粧板で明るい内装です。一度改良工事が実施されたほか、最近座席が張り替えられ印象が大きく変化しました。モケットは風流の今様を取り入れた黒・緑で、優先座席はオレンジ色です。床は改良時に砂模様となりました。6000系からの変更点としては、袖仕切りの内側がモケット仕上げになった点や、座席下の端部も化粧板仕上げとなった点などです。改良時にLED車内案内装置が設置されています。

7連なので全線にわたり様々な運用で活躍中です。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】東京メトロ16000系

タイトルとURLをコピーしました