JR東日本205系1000番台 車内デザイン

JR東日本205系1000番台 車内デザイン JR東日本

1985年国鉄が導入した軽量ステンレスボディの通勤型車両205系のうち、JR東日本南部支線向けに2005年に登場した、1000番台の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR東日本205系1000番台 車内デザイン
車内
JR東日本205系1000番台 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
JR東日本205系1000番台 優先席
優先席
JR東日本205系1000番台 貫通路
貫通路
JR東日本205系1000番台 車いすスペース
車いすスペース
JR東日本205系1000番台 乗務員室背面
乗務員室背面
JR東日本205系1000番台 客用ドア
客用ドア
JR東日本205系1000番台 吊革
吊革
JR東日本205系1000番台 荷棚
荷棚

解説

先頭車化改造により、前面だけ見ればかなり新しい車両に見える1000番台。南武線本線の1200番台は早々に姿を消したものの、支線では主力として活躍中です。

小田栄駅が開業した際、車内外に手入れが施され、内装としては座席モケットがここでしか見られない音符柄入りのものとなりました。また吊革は黒色のものが採用されています。車いすスペースも装備しています。ワンマン対応となっておりドアチャイムが鳴動しますが、車内案内装置系は設置されていません。

目立った痛みもなく美しい通勤型の姿を保っており、まだまだ活躍してほしいと期待してしまう車両です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東急5000系(7次車)車内デザイン
近鉄8400系(ワンマン車)車内デザイン
横浜高速鉄道Y000系うしでんしゃ 車内デザイン
名鉄6000系(9次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】東京メトロ16000系
タイトルとURLをコピーしました