南海1000系(初期車)車内デザイン

南海1000系初期車 車内デザイン 南海

関西空港の開業に向け、1992年より導入された塗装ステンレス車両、南海1000系のうち、車体幅の狭い初期車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

南海1000系(初期車) 車内デザイン
車内
南海1000系(初期車) 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
南海1000系(初期車) ボックスシート
ボックスシート
南海1000系(初期車) 貫通路
貫通路
南海1000系(初期車) 車いすスペース
車いすスペース
南海1000系(初期車) 乗務員室背面、非常はしご
乗務員室背面、非常はしご
南海1000系(初期車) 客用ドア
客用ドア
南海1000系(初期車) LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
南海1000系(初期車) 吊革
吊革
南海1000系(初期車) 荷棚
荷棚

解説

現在につながるカラーリングを初採用した車両で、車内のグレー系デザインについても本系列が初採用となりました。

壁面は明るいベージュで、床はナッツ色に模様が入ったデザインです。座席はグレー系で、当初はもう少し明るい色でしたが後年青みがかった濃いものに変更されました。特徴として車端部にボックスシートが設置されています。また、荷棚は透明板のデザインを採用しています。当初ドア上にはLED案内装置と点滅式マップがありましたが、マップはその後廃止され、さらに最近になり、自動放送の設置とドア上案内表示器のLCD化が行われました。

細身の初期車は本数も少なく、出会えればラッキーな車両でもあります。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ05系(ワイドドア車)車内デザイン
近鉄2610系(X22編成)車内デザイン
京王8000系(未更新車)車内デザイン
能勢電鉄1700系 車内デザイン
【番外】20年で4種類の車内に変化した車両【京阪9000系】

タイトルとURLをコピーしました