南海8300系(1次車)車内デザイン

南海

2015年、8000系の後継車両として近畿車輛製で登場した南海8300系電車のうち、最初期に製造されたグループの車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

南海8300系(1次車)車内デザイン
車内
南海8300系(1次車)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
南海8300系(1次車)優先座席
優先座席
南海8300系(1次車)貫通路
貫通路
南海8300系(1次車)車いすスペース
車いすスペース
南海8300系(1次車)乗務員室背面
乗務員室背面
南海8300系(1次車)客用ドア
客用ドア
南海8300系(1次車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
南海8300系(1次車)吊革
吊革
南海8300系(1次車)荷棚
荷棚

解説

外観は8000系に準じたステンレス車体を踏襲しつつ、近畿車輛製でオリジナル要素のより強いデザインが特徴です。

内装はかなり明るい配色となり、大型の袖仕切りも内側が黒い新デザインを採用。座席はバケット型をやめて座り心地の硬い新形状となりました。床は濃い目の茶色で、ドア付近は黄色に着色されています。天井のラインデリアは枕木方向にルーバーが入ったデザインを使用しています。またドア上にはLCD案内装置が採用されています。

2次車以降の南海本線導入車はインバウンド客対応のため袖仕切りやドア横が改良されたため、この車内が見られるグループは少数派となっています。外観もドア横にグレーのステッカー処理がされており、一目で1次車は判別することが可能です。

関連項目

その他

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

こちらもぜひご覧ください

JR東日本205系1000番台 車内デザイン
南海1000系(初期車)車内デザイン
東京モノレール1000形(新塗装車)車内デザイン
北大阪急行8000形(リニューアル・06編成)車内デザイン
【動画】京王7000系(後期車)車内風景【YouTube】
タイトルとURLをコピーしました