名古屋市営地下鉄5050形 車内デザイン

名古屋市営地下鉄

名古屋市営地下鉄東山線向けに1992年から長期にわたり導入された5050形電車の車内デザインをご紹介します。

名古屋市営地下鉄5050形 車内デザイン
車内
名古屋市営地下鉄5050形 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
名古屋市営地下鉄5050形 優先席
優先席
名古屋市営地下鉄5050形 貫通路
貫通路
名古屋市営地下鉄5050形 車いすスペース
車いすスペース
名古屋市営地下鉄5050形 乗務員室背面
乗務員室背面
名古屋市営地下鉄5050形 客用ドア
客用ドア
名古屋市営地下鉄5050形 LED車内案内装置
LED車内案内装置
名古屋市営地下鉄5050形 マップ点滅式案内装置
マップ点滅式案内装置
名古屋市営地下鉄5050形 吊革
吊革
名古屋市営地下鉄5050形 荷棚
荷棚

これまで主力だったアルミ車5000形のモデルチェンジ車で、ステンレスボディで装いを新たにしました。

車内はアイボリー基調へ改められ一気に明るい印象へ変化。白い化粧板と鮮やかなオレンジ色の座席がとても車内を華やかに仕立てています。床もツートンカラーを採用。ドア上にはマップ点滅式の案内、妻面にはLED式の案内と、車いすスペースも設置されバリアフリーに配慮されました。荷棚の黄色いアクセントが遊び心でしょうか。

新型N1000形とともに、東山線を支える車両として日々活躍しています。

 

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ05系(ワイドドア車)車内デザイン
近鉄2610系(X22編成)車内デザイン
京王8000系(未更新車)車内デザイン
能勢電鉄1700系 車内デザイン
【番外】20年で4種類の車内に変化した車両【京阪9000系】

タイトルとURLをコピーしました