関東鉄道キハ532形 車内デザイン

車内

1981年、竜ケ崎線向けにキハ20のパーツを流用して誕生したディーゼルカー、関東鉄道キハ532形気動車の車内デザインをご紹介します。

関東鉄道キハ532形 車内デザイン
車内
関東鉄道キハ532形 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
関東鉄道キハ532形 乗務員室背面(竜ケ崎側)
乗務員室背面(竜ケ崎側)
関東鉄道キハ532形 次駅案内表示器
次駅案内表示器
関東鉄道キハ532形 客用ドア
客用ドア
関東鉄道キハ532形 ステップ
ステップ
関東鉄道キハ532形 吊革
吊革
関東鉄道キハ532形 荷棚
荷棚
関東鉄道キハ532形 扇風機
扇風機

竜ケ崎線の予備車として週1日程度運行される車両で、外観は80年代の関鉄スタイルである四角いボディです。最大の特徴として、ホームが全駅同じ側にあることから、運転台が竜ケ崎側が右に、佐貫側が左に設置されるという非常に特殊な構造です。

車内は暖色系で濃いベージュとグレーを基調に鮮やかな赤いモケットが並びます。戸袋窓があり、内側に限り二段窓風のサッシ構造となっています。天井は扇風機が設置され、クーラは簡易冷房が荷棚の一部に設置されました。ワンマン対応で近年は次駅表示器なども装備されています。

景色も車両も魅惑の竜ケ崎線。短い時間に濃密な旅行を楽しめる鉄道路線です。ぜひ。

 

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

 

こちらもぜひご覧ください

JR東日本205系1000番台 車内デザイン
南海1000系(初期車)車内デザイン
東京モノレール1000形(新塗装車)車内デザイン
北大阪急行8000形(リニューアル・06編成)車内デザイン
【動画】京王7000系(後期車)車内風景【YouTube】

タイトルとURLをコピーしました