能勢電鉄3100系 車内デザイン

能勢電鉄3100系車内 能勢電鉄

1997年、阪急3100系4両1編成を譲り受け運行を開始した阪急系列最強の異端児、能勢電鉄3100系の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

能勢電鉄3100系 車内デザイン
車内
能勢電鉄3100系 座席、袖仕切り、鎧戸
座席、袖仕切り、鎧戸
能勢電鉄3100系 優先座席
優先座席
能勢電鉄3100系 貫通路
貫通路
能勢電鉄3100系 車いすスペース
車いすスペース
能勢電鉄3100系 乗務員室背面
乗務員室背面
能勢電鉄3100系 客用ドア
客用ドア
能勢電鉄3100系 吊革
吊革
能勢電鉄3100系 荷棚
荷棚

解説

最強の異端児ぶりは車内デザインでお分かりいただけるかと思います。

外観含め阪急の個性であるマホガニーベースの内装は完全に息を潜め、さわやかなアイボリー系の内装が出迎えてくれます。その爽やかさは化粧板だけでなく、グループ他社で見かけることのない鮮やかな青1色のモケットが演出しています。吊革も角形を採用。床は車両ごとにオリジナルの薄赤色と阪急共通の柄入りが混在します。一方、座席構造や鎧戸などは阪急時代のそれで、スイープファンも設置。妻面の車番フォントなども阪急デザインとなっています。

たった1編成の導入に終わり、以降5100系、7200系とも木目調のデザインに戻っていますので、本当に唯一の車内デザインとなりました。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ05系(ワイドドア車)車内デザイン
近鉄2610系(X22編成)車内デザイン
京王8000系(未更新車)車内デザイン
能勢電鉄1700系 車内デザイン
【番外】20年で4種類の車内に変化した車両【京阪9000系】

タイトルとURLをコピーしました