近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両)車内デザイン

車内

1978年に登場し、未だ近鉄の広軌各線で活躍するビスタEXこと近鉄30000系特急のうち、2階建て車両の車内デザインをご紹介します。

近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両)車内デザイン
車内(2階席)
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 回転式リクライニングシート(2階席)
回転式リクライニングシート(2階席)
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両)車内デザイン ソファシート(1階席)、テーブル
ソファシート(1階席)、テーブル
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) ソファシート(1階席)、テーブル
ソファシート(1階席)、テーブル
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 妻面(デッキ側)
妻面(デッキ側)
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 妻面(貫通路側)
妻面(貫通路側)
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 車内通報装置、号車表示器
車内通報装置、号車表示器
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 荷棚、間接照明
荷棚、間接照明
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) デッキ
デッキ
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 客用ドア
客用ドア
近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) 号車表示器
号車表示器

すでに40歳を超える古豪ながら、2度のリニューアルを経て今も全線で活躍する、古来の近鉄代表特急型車両、ビスタカーです。今回は2階建て車両のご紹介です。

車内は2回目のリニューアルでデザインが変化し、2階建て車両は鮮やかな青色系のモケットが特徴となっています。車両中央部に出入口が1か所あり、左右に階段が展開されており、1階席はソファシートとなっています。また、2階建て車両が2両連なるため、2階建て車両同士の貫通路は高い位置でノンステップの通路を実現しています。一方、狭い折戸やガラス意匠のデッキなど昭和のデザインも残っている魅力的な車両です。

近鉄30000系ビスタEX(2階建て車両) おジャ魔女どれみ
デッキに違和感。

取材時はアニメとのコラボを実施していました。デッキは天井が高く大変開放的で、近鉄特急のゆったりとした空間設計を最も感じることができる素敵な車両です。末長い活躍を期待しています。

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました