西武20000系(初期車)車内デザイン

西武

2000年に誕生した非貫通スタイルのアルミ車、西武20000系電車のうち、初期に製造されたグループの車内デザインをご紹介します。

西武20000系(初期車)車内デザイン
車内
西武20000系(初期車) 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
西武20000系(初期車) 優先席
優先席
西武20000系(初期車) 貫通路
貫通路
西武20000系(初期車) 車いすスペース
車いすスペース
西武20000系(初期車) 乗務員室背面
乗務員室背面
西武20000系(初期車) 客用ドア
客用ドア
西武20000系(初期車) LED車内案内装置
LED車内案内装置
西武20000系(初期車) 吊革
吊革
西武20000系(初期車) 荷棚
荷棚

先に登場した6000系同様、グレー系に青い帯を巻いた基本スタイルですが、非常に斬新でクールな前面デザインには当時大変良いショックを受けました。

内装も基本構造は全時代からの踏襲ですが、細かなデザインがとてもクールです。座席と床はドットパターンをおしゃれに配しています。シートは鮮やかな濃淡2色の青色を採用。また目に留まるのが窓上部分で、銀色ストライプのアクセントがLED案内装置などと一体になって施されており、コンセプトデザインへのこだわりを感じます。

もう登場して20年が経つわけですが、内外ともに、かっこよさは変わらない印象です。

関連項目

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

こちらもぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました