名鉄6000系(9次車)車内デザイン

名鉄

名鉄を代表する通勤型車両6000系のうち、前面デザインが非貫通スタイルに大きく変化した9次車の車内デザインをご紹介します。

名鉄6000系(9次車)車内デザイン
車内
固定クロスシート
ロングシート、袖仕切り
優先席
貫通路
乗務員室背面
客用ドア
吊革
荷棚

ステンレスの飾り板がアクセントの、独特な前面デザインに変更された最初のグループで、6000系は2両編成のみ製造されました。取材編成は6000系としては数少ない登場時のセミクロスシートが残った車両になります。この世代からロングシートとの組み合わせになりましたが、独特な深い角度のついたシートが健在です。全体的に木目を取り入れた上品な飾りとベージュ系の内装で、バブル期の名鉄を象徴するスタイルと言えます。床の色分けなども他社には見られない特徴です。モケット色が変化していますが、大きな改造もなく今日まで活躍し続けています。

こちらもぜひご覧ください

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム
タイトルとURLをコピーしました