東京メトロ05系(11次車)車内デザイン

東京メトロ

バリエーションが非常に豊富な東京メトロ東西線の05系地下鉄のうち、2003年に製造されたグループの車内デザインをご紹介します。

東京メトロ05系(11次車)車内デザイン
車内
座席、袖仕切り、スタンションポール
優先席
貫通路
車いすスペース
乗務員室背面
客用ドア
LCD車内案内装置
吊革

外見は直前までに製造された車両と同じ05N系と呼ばれるスタイルですが、側窓は2分割されたスタイルに戻ったのがこの世代です。内装はなんといっても袖仕切りの形状が特徴的で、前後の番台では丸みを帯びたものを採用しているところ、このグループのみ角のある独特の形状が見られます。また網棚が営団特有の編み込みから、一般的なものに変化しています。全体的なカラーは暖色系で、貫通路の化粧板にアクセントが見られます。ドア上の案内表示器は最近LCD化され、防犯カメラの設置も実施されました。個性際立つ05系、どの編成が来るか毎度楽しみがあります。

関連項目

こちらもぜひご覧ください

鉄道コムブログランキングに参加しています

よろしければクリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム
タイトルとURLをコピーしました